痩せたらキレイなのに、そう言われる肥満女子が増加しています。

 
痩せることができたら、多くの人から求められて、褒められて、ちやほやされること間違いなしなのに、ただ人よりちょっと太っているというだけで、この全てを評価を失ってしまっているのは本当にもったいない。

 

自分自身は自覚があるのです。鼻筋がキレイ通って、鼻が高く、目も大きい、色白でさらに小顔なのに、体重がちょっと多いだけで、そう人から見られないのです。

 
人はいいところを見ようとするよりも、悪いところばかりに目がいってしまう習性がありますので仕方がありません。人からは、ただデブだなと見られておしまいです。人から求められる事もありません。それが理由で恋人も作りにくい、友人も作りにくい、また働くにしても、太っているという理由で就職が難しくなってしまう。

 

9wari

人は見た目が9割という言葉もあるぐらいですからね、批判はあるかもしれませんがこれはある意味真実です。

 

ちょっと太っていると言うだけで悔しい思いをしたことってありませんか?

そんなあなただからこそ、痩せるための準備がすでに整っているわけなんです。

 

ダイエットに一番大切なことは何かご存知でしょうか?
ダイエット方法や食欲を抑えることよりももっと大切なことは、自分がどれだけ痩せたい!と強く思うかどうかなのです。

 
ダイエットは正直つらいです。自分の欲望を何の強制力もない状態で抑え続けるのは、相当な理由がないとできるものではありません。

 

多くの人がダイエットに失敗するのは、どうして痩せなきゃいけないのかという理由がないからなんです。

 

だからこそ、今この瞬間の辛さ目の前の欲望を抑えることができない状態に陥るわけです。

 

ただ、本当は美人な私なのにちょっと太っているだけで、その評価を全く得られないで悔しい!思いをしている人はその今この瞬間の辛さ、目の前の欲望を我慢するだけの理由があるわけです。

 
絶対に周りを見返してやりたい!という強い動機が体を動かしてくれるわけです。

 

ame

それでもやっぱりダイエットは辛いけど…

本当は美人な私なのにそう評価されないことが悔しいと感じてダイエットを始めた人でも、ダイエットの辛さが変わるわけではありません

 

ただ、辛さに直面した時、自分自身の欲望に直面した時にそれを我慢するだけの動機が備わっているというだけでしかありません。そこを、ぐっと我慢するか、我慢しないかはあなた次第ということになってしまいます。

 
さらに、今現在太っている人は標準体型の人よりもダイエットをすることに対する辛さは上でしょう。それだけ体がカロリーを欲しがるわけですし、脂肪が多い分、基礎代謝も低く痩せにくい、さらに体も重く疲れやすいです。ダイエットに関する悪条件がそろってしまっているわけです。

 
ただ、先ほども言いましたが、ダイエットで大切なことは方法や食事療法よりも、どれだけ痩せたい!と思うかの動機ということになります。

 

本当は美人だということに気づいてもらうために痩せる

痩せたい理由、ダイエットを続ける動機、日々のダイエットの辛さを乗り越える理由がしっかりそろって、ここを毎日意識することでダイエットの習慣を持つことができるようになります。

 
ダイエットをすることを習慣にして慣れてしまえば、あとは自分の気持ちをメンテナンスし続ける(痩せたい理由を再確認する)ことによって、ダイエットを継続していくことができるでしょう。

 
行動を続けるとはこんな単純なことを繰り返しできるかどうかにかかっているわけです。

 

 

 

 

コチラのページを見た人は以下のページも見ています。

夜ごはん抜きダイエットなら意外と簡単にどんどん痩せられる!?