絶対に痩せたいからという理由でサレノックスのような食欲抑制薬に手を出してしまう人がいます。

 

サノレックスとはマジンドールとも呼ばれ食欲をコントロールする満腹中枢に働きかける役割を果たします。

食欲を抑制する効果に加えて、消費エネルギーを促進させて、代謝をよくする効果もあると言われており、このサノレックスを知った人が使用に走ってしまうんです。

 

 

kusuri1

神経に働いて食欲を抑える仕組みがよく分かりません

満腹感を感じるのは胃が食べ物で満たされたらではありません。血管に流れる血液の血糖値がもう十分な量にまで増えた段階で脳が制御しようとして送る神経伝達物質の影響です。

 

言い換えると、胃の中が空っぽだから食べ物が欲しくなるというわけではなく、身体の血糖値が低下することで、脳が栄養が足りていないよと指令を出す、コレが空腹感の正体なのです。つまり、身体がエネルギーを欲しているからなんか食べ物を入れなさい!と命令するわけですね。

 

この神経に働きかけるのが食欲抑制薬であるサノレックスなのです。コレを飲むことによって満腹感を感じるのではなくて、食欲が働かなくなるということになるのですね。食欲が働かなくなると、当然食べたいという欲求もなくなりますので、消費カロリーを制限できて痩せられるという仕組みです。

 

 

神経に働いて食欲を抑える薬ってなんかやばくない?

あまり日本で扱っている病院が少ないため十分な研究データの報告がないため、危険性があるのか、ないのかについてわかっていません。事実、海外から個人で輸入をすると劇薬輸入として逮捕されてしまいます。

 

さらに、こうした神経に働きかける成分は耐性ができやすいという特徴もあります。睡眠薬や精神安定剤を飲み続けると、少しずつ量を増やしていかないとあまり聞かなくなるように、サノレックスも聞かなくなってしまいます。

 

しかもかなり高額です!たった1錠買うのに数千円するクリニックもあるとか、値段がピンキリで適正価格が定められていません。

 

睡眠薬に頼りすぎるのはダメとか、精神安定剤は止めた方がいいと言われるように、精神に作用する薬を飲み続けることは思わぬ人格への影響(攻撃性が増すなど)が起こることもありうるので、頼りすぎることはオススメしません。

 

 

誇大広告に騙されたはいけません!

サノレックスなら痩せられました!といった、キャッチコピーを見かけたことがありますが、そういったものはサノレックスを販売するための販売戦略の一つにしかすぎません。

 

第一、個人輸入が認められていませんので、販売できる機関は限られているはずです。どうしても利用したいという人は信用ある病院へ行き、高いお金を支払って購入するしかないでしょう。

 

 

ダイエットの目的をはき違えてはいけません

ダイエットの目的はキレイになること、美をさらに増すこと、そして健康になることであるはずです。ダイエットの辛さによって、その本来の目的を見失ってしまう人がいますが、忘れてはいけません。

 

だからこそ、ダイエットの目的は何か?ということを常に意識しておきたいですね。