ストレッチって運動前には必ずやっていた経験がありますが、そのストレッチをすると体には様々な嬉しい効果があるようです。ストレッチとは、関節を伸ばしたり、曲げたりすることで、筋肉を引っ張って伸ばすこ とをいいます。

ストレッチほど手軽で効果がある運動はありません。特別な器具はいりませんし、場所を選ばずに自宅のどこでもすることができます。またお金もかかりませんし、ストレッチの方法もインターネットでさくっと検索したら山ほど出てき ます。

 

出てくる方法の全てをしっかりとやらないと効果が出ないということではなく、筋肉が多い場所、肩や腕、太ももや腹 筋を中心にやるだけでOKです。

 

stretti1

ストレッチをしていないから身体の調子が悪くなる!?

ストレッチはダイエットだけに効果が発揮されるわけではありません。日頃の体調管理など全てのことに効果を発揮してくれます。
筋肉は日頃から動かしたり、または疲れがたまったりしてくると、固まってきます。筋肉が固まってくると、血管が収縮されることになるので血液の循環が悪くなってきま す。「コリ」や「冷え性」の原因は血管の循環の悪さが主な原因ですので、ストレッチ で筋肉をほぐしてあげることによってコリや冷え性が改善されるわけですね。

 

また血管の循環が悪いと心筋梗塞や脳卒中といった重大な病の原因となるだけではなく 、日ごろの能率の悪さ(頭の回転力)の原因にもなりますので、日ごろから筋肉をほぐ すことを習慣にしたいところです。

 

知られざるストレッチの効果

ストレッチには深呼吸と同様に心の緊張をやわらげる効果があります。

 

筋肉をゆっくりと伸ばしていくことで体をリラックスさせて副交感神経が働き、気持ちを落ち着かせることができるという作用です。
ストレッチをいきなり始めると筋肉がカチコチに固まっていて、辛さを感じるかもしれ ませんが、2週間ほどしたら筋肉がほぐれてきて、ストレッチをしやすくなるという人 が多いですね。

 

そうして、ストレッチを毎日1か月間ほど続けると肩のコリを感じることが減ってき ます。

 

肩のコリは血行が悪くなって、肩がダル重くなる状態を指しますが、ストレッチによって血液の循環がよくなるので、肩がこらなくなるということです。
またストレッチをすることで、血液の循環がよくなることで体の代謝も上がりますので 、太りにくく痩せやすい身体を作っていくことができます
夜更かしをしたり、飲んだ翌日などで顔がパンパンにむくむことが悩み!という人も血液の循環が悪くなることが原因ですので、こうした悩みも解消されてくるようです。血液は身体の熱を運ぶという働きがあって、それがむくみを防いでくれるということですね。

 

 

ストレッチの方法

ストレッチの方法というと大げさかもしれませんが、簡単に肩、腕、お腹周り、足首や太もも、筋肉がある部分を優しく伸ばしていきましょう。
ラジオ体操のように勢いよくぶんぶん筋肉を刺激するのではなくて、やさしくほぐした状態を10秒ほどキープする形が効果的です。

 

弾みをつけてぐりぐりストレッチをしようとすると、関節や筋肉の筋を痛めてしまう可能性がありますのでしないようにしてください。
さあ今日から痩せやすい体作りのためにストレッチを習慣にしてみてはいかがですか?

空いた時間にさっとする程度でも効果的ですよ。ダイエットにも効果的ですので、思いついたらストレッチをする習慣を持ってみてください。