筋トレをすることによって、基礎代謝量が増えて太りにくく、痩せやすい体が作られるということはかなり有名なことです。

 

その中でも是非鍛えてほしいのが下半身や腰回りの筋肉なんです。

 

人の筋肉量の半数近くを占めているのが下半身です。特に太ももの筋肉全体の30%程もありますので、特に中心に鍛えることを考えなければならない部分です。太ももをしっかりと鍛えていくことで、痩せやすい体を作ることができるといっても過言ではありません。

 

筋トレなんて継続なんてできない!という人でも、太ももだけ鍛えると限定したら、続けやすいのではないでしょうか?

 

これだけすれば痩せられる!というたった一つの方法を取るだけでいい。しかもどこでもお手軽にできることを持つだけで、ダイエットの継続率は格段に上がります。

 

 

a1

こんなにいっぱい、足腰を鍛えることで起きる嬉しい効果

筋肉トレーニングで足腰が鍛えられますから、腰痛、膝の痛みも改善されます。ひざの痛みや腰痛改善にもつながるため、将来歩けなくなるリスクが大幅に減少することになります。いつまでも若く元気に歩くことができるようになるわけですね。足腰が鍛えられるということは、将来寝たきりの要介護になる心配が減ります。

 

筋トレダイエットのいいところは、スタイルの変化というダイエットの目的だけではなく、生涯にわたって健康で活動的でいられるようになるというおまけまで付いてきます。
高齢化社会が加速する現代ですから、年齢が進んだときに備えて、健康にもなる筋肉トレーニングダイエットが最適だともいえます。

 

部分痩せにも効果あり!
筋トレは部分痩せにも効果的です。足だけ太い!下腹によくお肉がつくという悩みを抱えた人は多いです。自分でも気が付かないうちに、いつの間にかたっぷりと脂肪がついてしまっていたということも多いのではないでしょうか。

 

脂肪がつきやすい部分、太ももなどをを鍛えてあげることによって、その部分の筋肉量が増え、しゅっと引き締める効果があるのです。ぽてっとたるんでいた脂肪が減って、筋肉で引き締められることになるので、部分痩せにも効果的です。

 

太ももは心臓から足元に流れた血液を上へ押し上げるポンプの役割を果たしています。太ももの筋肉がつくことで、筋肉のポンプの役割がしっかりと働くようになり、血液の循環がよくなるんです。そうすると身体全体にうまく栄養分が届けられるようになりますので、代謝促進効果や美肌効果が得られるようになるわけなんです。

 

 

太ももを鍛えることで成長ホルモンの分泌が促進される

アンチエイジングも合わせて考えている人は多いかもしれませんが、そんな人にも太ももを鍛えることをオススメします。
筋肉をつけるということは筋組織を破壊するということでもあります。その壊れた筋肉を修復しようとする時にさらに筋肉がついていくわけです。筋肉は破壊された時、その破壊を修復しようと通常の倍ほど成長ホルモンの分泌が行われます。

 

成長ホルモンは肌の再生にも効果がある物質なので、老化が進行してしまった肌さえも修復してくれるわけです。

 

よく運動をしている人は若いと言われる理由はこのためですね。

 

最も簡単な太ももを鍛える方法

手間がかからずに、お手軽に、空いた時間にさっとできることがベストですよね。

 

そのベストの方法が以下のとおりです。
なので、立った状態になり、背筋をしっかりと伸ばしてから、ひざを軽く、九の字の状態に曲げましょう。

kunoji1

 

この状態を30秒間キープして下さい。1日3セットを朝と晩にやることが理想的なのですが、難しい場合は夜だけやるなど調整をしながらやりましょう。

 
ダイエット方法は、嫌にならずに続けることが重要ですから、過度にやりすぎることは禁物です。テレビを見ている時や、ちょっとたった時にさっとやるのが長く続けられるコツですよ。

 

あえて、新しい習慣を加えるのではなく、ちょっとしたときにできる工夫をすることが続けていくコツになります。